男性ワキガを抑えるために 食事編

食事でワキガは抑えられるの?

ワキガを抑えるために食事にも気をつける事は大切です。

 

欧米食が日本でも多くなっている現代では、肥満傾向にある人が増えています。

 

ただ、肥満だからといってワキガと関係性があるといえば、そうでもなくワキガは遺伝による部分が大きいとされています。

 

遺伝による部分というのが、アポクリン汗腺の数が生まれつき人によって決まっているという事です。

 

ですが、肥満傾向にある人や高カロリーな食べ物、高脂質な食べ物をよく摂取する人はアポクリン汗腺の活動を活発にする傾向にあるようです。

 

なので、高カロリー、高脂質な食品をなるべく控えた食生活を送ることが、ワキガを抑える事につながります。

 

ワキガを抑える為に行う食事のあり方

ワキガを抑えるために具体的にどんな食事の取り組みをすれば良いのでしょうか?

 

簡単な取り組みをまとめてみました。

 

 

  • 肉類や高カロリー食品ばかり食べない。
  •  

    高カロリー、高脂質なものを多く摂取すると、肥満になりやすくワキガ臭のげんいんであるアポクリン汗腺が活発になります

     

     

  • バランスの良い食事を心がける
  •  

    バランスのよい食事を心がけることで、身体の調子も整えられ、健康な身体になります。
    やはり、嫌な匂い(ワキガや加齢臭など)は不健康な身体の方が出やすくなると考えられています

     

     

  • 暴飲暴食はやらない
  •  

    暴飲暴食をする事で、胃腸の働きを低下させ、肥満の原因になり、結果的に不健康な身体=嫌な匂いを発しやすい身体になってしまいます.

     

     

  • 胃腸の調子を整えるために食物繊維は多めに取る
  •  

    胃腸を整えることで毎日の生活が安定します。更に蝶は第2の脳と言われ身体の調子を整える重要な臓器です。

     

     

  • 血液をサラサラに維持する食品を取り入れる
  •  

    嫌な匂いが出やすい人に多いのが血液がドロドロになっている場合が多いです。
    血液がドロドロということは体が酸性に傾いているということです。
    また、高カロリーな食べ物や油ものの食品は身体を酸性に傾ける酸性食品が多いのが特徴です。

 

 

 

ワキガと肥満は大きな因果関係はないとされていますが、やはり肥満体質の方や不健康な方の方が匂いが強い傾向にあるみたいです。

 

ワキガで悩んでいる人の中には、お肉や魚などを食べないように気をつけている人もいるみたいですが、それは大きな間違いです。

 

人間にとって、肉や魚なども大切な栄養素を多く含んでいます。

 

「お肉を食べると脂を多く摂ってしまうから、食べないようにしている」

 

「ワキガの臭いを抑えるために、野菜しか食べないようにした」など、

 

無理な食事制限をすると身体のバランスが崩れ体を壊したり、ホルモンバランスが崩れ返ってアポクリン汗腺が異常に活発になりワキガの臭いがきつくなることもあります。

 

 

 

あくまでもバランスのよい食事が理想です。

 

 

バランスのよい食事を継続することで健康的な身体になり、結果としてワキガの匂いを抑える効果に繋がると考えています。